×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

柳 宗理は日本を代表するインダストリアルデザイナー

柳宗理について

柳 宗理というのは確かに人の名前なのですが、これは同時にキッチン用品ブランドの事を指しています。
普段さりげなく使っているキッチン用品なのですけれども、柳 宗理ならば、細部にまでこだわったデザイン。高品質な品によって、より確かな品質のキッチン用品を使っていくことができるのですよ。
柳 宗理のキッチン用品としてあるものは、ミルクパンと呼ばれるものから、フライパン、鍋、ファブリックと言ったもの、さらにはケトルやボールといったものまで実に様々なものに及んできています。
しかし、そもそもこの柳 宗理のデザインは、キッチン用品のみに対してのものではなく、工業デザインとして発展してきたものです。
柳 宗理の工業デザインは、確かに実用性を考えたキッチン用品としても登場してきているのですけれども、それだけではなく、抽象性を追求した芸術作品などもあり、柳 宗理の展開は実に多岐に及んでいると言えるでしょう。
柳 宗理の屋外作品には、地下鉄のベンチなど、実際に使われているものもあるのです。

柳宗理は様々な場所で活躍している

柳 宗理は、日本におけるキッチン用品のブランドとしてよく知られています。この柳 宗理、何もキッチン用品だけではなく、さまざまな所で活躍しています。もしかしたらあなたの地元にも、この柳 宗理の芸術作品が使われているような事もあるかもしれませんよ。
柳 宗理の展覧会などを見ても分かるのですが、この柳 宗理の芸術作品は、窯で焼かれた陶器もありますけれども、ステンレス、鉄などを使ったものが主たるものとなってきています。
柳 宗理の芸術作品は、横浜の野毛山動物園にも案内図として使われていました。さらに、柳 宗理は関西地方の、大阪くずはニュータウンにも、堂々たる歩道橋として登場しているのです。これは柳 宗理の作品でも最大規模ですから、見逃すわけにはいかないものと言えるでしょう。周囲の景観ともぴったりと一致した柳 宗理の作品も面白い存在なのではないでしょうか?
さらにこの柳 宗理は、名古屋地下鉄のキオスクという、地下鉄用のデザインもあります。実際に活躍していたので、柳 宗理のデザインは多くの人が見ていたはずです。

柳宗理の作品はバリエーション豊かです

柳 宗理は主たる所では、札幌オリンピックの聖火台などが良く知られています。柳 宗理はこんな大役をも任されたブランドとして、その地位を確たるものとしているのですね。
しかし柳 宗理は、キッチン用品のブランドとしても活躍しているのです。実際に手にとって活躍させることができるブランドとしても、この柳 宗理は一級品のものを見せてくれるでしょう。
柳 宗理には、ミルクパンからフライパンと言ったもの、さらには鍋、やかんといった身近なものから食器にいたるまで、さまざまなものを我々に見せてくれているのです。
柳 宗理のキッチン用品は、芸術作品ですが、やはり実用を重視しているので、思っているよりはシンプルなものばかりかもしれません。ステンレスケトルなどは、きちんと使いやすいようなものになっていますから、安心して使っていくことができるのではないでしょうか?
この柳 宗理には、調理器具のステンレス製品だけではなく、ガラス製品やセラミックなども登場してきていて、バリエーションだけでも私たちを楽しませてくれるのです。